運輸安全マネジメントセミナー

運輸安全マネジメントセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1497250981317

 

6月5日千代田区で運輸安全マネジメントセミナーがあり、我らが統括マネージャーの佐藤智一さんが受講して参りました。

13時〜17時までみっちり講義が行われたそうで…

智一さんお疲れ様でございました。

 

当日参加者は200名以上に及んだそうで、結構規模が大きかったことに驚きました(笑)

運輸安全ということで私たちと同様軽貨物の方もいれば、大型トラックを扱う会社まで同業者でも様々な分野の方が参加されていたのでこれほどの人数が集まったのかもしれませんね。

下に載せました。こちらが智一さん撮影の会場内様子です。

真ん中あたりに座ったみたいですが、この前後左右考えると確かに多くの方が参加されたのが分かりました。

1497250981373

内容について、簡単にまとめさせて頂きます(^ ^)

会社として安全を確保するために必要な事

①会社内で具体的目標を掲げる実施すること

→例)・無事故継続100日

   ・人身事故ゼロ、バック事故5件以内(減少させたい事故)

   ・過労運転防止(業務シフトの見直しによる残業時間5%削減)

定期的に達成できているか確認し、達成状況等を翌年度の目標として反映させることで全体の意識向上につなげていく。そして設定した目標・計画『みんなでやろう!!!』ではなく、社員一人ひとりが実施することで安全性が高まります。

②安全に対してどういう所にお金をかけていくか

私たちの軽貨物の例で言うと、冷凍車は後ろが見えないためルームミラーで後方が確認できない作りになています。冷凍車でなくても荷物をたくさん積めば後ろが見えないことも普通にあることです。

なので使用する車両にバックモニター・バックセンサーを取り付ける、そういったドライバーや周りを考え安全を確保することにお金をかけていくことが大切ということです。

③コミュニケーションをしっかり取ること

リスクや課題というのは現場が一番感じている(上には伝わりにくい)ので営業所長などによる社員への意見聴取や、社長・管理者層による積極的な現場巡回により、現場社員からの意見や要望を聞き出すことによって現場社員との距離を置かない対応を心掛けることによって

私たちも常に心掛けている『報・連・相』でもあります、何かあったらまず報告する文化が根付き、信頼関係の向上につながります。

簡単な説明になってしまいましたが、皆さんがご覧になって分かりやすい内容をピックアップしてみました。

日々の業務も大切ですが、このようなセミナーを受け共有することでまた安全に関して意識が高まり意識や行動も変えていくことも大切だと思いました!

Share

埼玉県川口市で軽貨物運送業・倉庫業を中心に展開しているDC express(ディーシーエクスプレス)の公式ブログです。会社のスタッフや運送業界についてレポートしていきます。